先週から始まった基礎工事は、台風をはさんだものの、順調に進んでいるようです。今日は予定通りに生コン車が来て、コンクリートを流し込む作業をしていました。

Facebookのアルバムでも工事の様子を随時アップしていますが、その中から、何枚か選んで今週の作業の様子を紹介します。


トップの写真は、工房の裏の土手に咲いた花です。去年も咲いてたのだと思いますが、初めて気付きました。

10月2日

地面を掘り返したあと、基礎の立ち上がる部分を盛って固めています。

その後、生コン車がやって来ました。これは、いわゆる捨てコンという工程で「基礎の基礎」になるような部分を作ります。

10月4日

きっちり固まると、ただの地面だった所に少し雰囲気が出てきました。

右端の白い部分は、防湿シートです。木造の建物は湿気が大敵なので床下がジメジメしないよう、いろいろな対策をします。

10月5日

今度は別の職人さんが入って、型枠づくりと配筋をしています。

10月6日

今度は型枠の中に生コンを流し込んでいきます。道幅が狭く大きな生コン車が入れないため、一台分では全然足りません。そのため、何台も入れ替わり立ち代りでやってきました。

まっ平らになりました。立ち上がり部分はまた別に作るそうです。

掘削中に動かせそうもない大きな岩が出てきて、どうするんだろう?と思ってたらこうなりました。岩に支えられて、ちょっとは地震に強くなるかな(笑)

丁張りはこれで役目が終わったようで、解体されていました。


心配していた台風は、長野県の真上を通ったみたいなんですが、普通の大雨よりも被害が少ないくらいで、機械も無事でした。ひと安心。