今日は快晴で、建て前日和。そして上棟の日でした。
まず、一枚目は小屋束を立てているところ。


棟木をのせています。これが「上棟」です。
高所作業となるので現場に緊張感が漂います。

上棟は完了。
母屋や梁を入れながら、残った三角形の壁面を埋めていきます。

壁板がすべて入り、切妻屋根のラインが見えてきました。
屋根はおおらかな雰囲気の3寸勾配にしたくてちょっとこだわりました。なぜかこの勾配が落ち着きます。豪雪地帯ではないので雪は大丈夫です。

屋根の野地板を張っています。大工さんは慣れているのでスイスイ作業していますが、普通の人ならちょっと足がすくむ高さだと思います。

暗くなってきて、写真は撮っていませんが、このあと板を張り終わり、アスファルトルーフィング(防水シート)を貼ったところで本日は作業終了。

とりあえず小雨や霜ならしのげるようになったので、ひと安心です。