天体写真のマイブームがほんのり再来したので、いろいろと写真の撮り方を調べていたのですが、途中で「微速度撮影」で撮った夜空の動画を発見。素敵すぎてちょっと寄り道…

さらに寄り道してVimeoで探してみると夜空以外にも、被写体や編集でいろんな表現があり、観ているうちに半日潰れました…せっかくだから気に入った物を紹介します。
けっこうたくさんあるので、お暇なときにでもどうぞ。


ちなみに…

微速度撮影、インターバル撮影、TimeLapse…とは

いろいろ呼び方があるようですが、ようするに連続撮影した写真を繋げたコマ撮り動画。
時間の流れを早送りしているような感覚と、カクカクした動き(被写体によって)で、現実世界では見られないような面白い見え方になります。

今回はとくに写りが綺麗で内容も面白いものをセレクトしてます。HD画質の動画もあるので、フルスクリーンで見るとさらに楽しめると思います。

では!

The Mountain

リアルプラネタリウム!(逆)
天文ファンにはたまらないですね。

The Aurora

続いてオーロラ。うわぁ、としか言えない…

Iceland, Eyjafjallajökull – May 1st and 2nd, 2010

雲の立体感がすごい。そしてJónsiの音楽がマッチしている。

The Unseen Sea

これもなんだかいい雰囲気。
都会と自然、地球と宇宙の境を感じます。こんな雲に乗ってみたい。

macro kingdom III

ちょっと趣向がかわって、マクロの世界。結晶でしょうか? 
編集も凝っていて、映像作品としても素敵。

New York City

ニューヨークのいろんな風景。I♥NY。

Coachelletta

イベントの様子を、記録したもの。
コマ撮りとミニチュア風の写真って、なぜか相性がいい。

見ろ人がゴミのようだ!

our creative process/. 01

紹介したなかではいちばん異色だけど、いいなと思ったのがこれ。
普通の動画で見せられるよりも、魅力的な気がする。

というか、作っているものといいなんといい、ものすごいクリエイティブ感が…

以上です!

自然界の流れを感じたり、街の動きがコミカルに見えたり。面白い表現方法ですね。

観ているうちに、こんな動画、いつか撮ってみたい…なんて思ってしまいました。
昼間の風景くらいなら、大した機材もいらないみたいです。
相当な時間と忍耐力が必要ですが…

ちなみに、今回動画をたくさん見るときにSafariの新機能「リーディングリスト」を使ったら、いっぱいタブを開かずに済んで便利でした。いい進化。