この間日記に書いた、鶏小屋。少しずつ作業が進んでいます。

上の写真は、基礎を積んでいるところ。
穴を掘る動物にやられないように、2段積みです。人間の住む小屋でも建てられそうなくらい頑丈になりました。


いちおう、タコ糸を張って水糸のつもり。

こんなものでも、水平・直角はちゃんと出たのでいいでしょう。

雨の切れ間をぬって作業していたのですが、最近天気が悪いので、それだとなかなか進まず、ブルーシートで屋根を張ることに。

今日は小雨が降ったり止んだりだったのですが、この屋根のおかげで中断することなく作業ができました。地面がグチョグチョなのはつらいけど…

あと、電動工具を濡れた手で触るので、ちょっと怖い。
雨の中で溶接するよりはましか…(一部で人気の漫画、トロ鉄のエピソードより)

木材の刻みもだいぶ進んで、ホゾ穴は終了。
手でホゾ穴を掘るのはひさしぶりだな〜。針葉樹は刃のあたりがサクサクしてて、気持ちいい(とくに木端)。

例のケヤキの木を撮ってきたので、最後にご紹介。

雨にあたって、いきいきしているようでした。
大きな木のそばにいるだけで、なんだか安らぎます。

あんまり太いと、材木として見えてきてしまうんですがね…